「茶クマ」の原因はメラニン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

「茶クマ」の正体は?

「茶クマ」の原因はメラニンです。具体的には

  • シミ(老人性色素斑)
  • くすみ(肝斑)
  • そばかす(雀卵斑)
  • あざ(ADM)
  • 色素沈着(メガネの跡、花粉症などで目を頻繁にこすってしまう等)

などが挙げられます。これらが目の下のクマに重なる位置にちょうどあると、クマのようにみえてしまいます。

「茶クマの」治療法は?

茶クマの治療はいくつかあります。

レーザー治療

レーザートーニングやピコレーザーがおススメです。

レーザートーニングは数回かけて徐々にメラニンを消していくレーザー治療です。主にくすみ(肝斑)や色素沈着、そばかす、アザに効果的です。シミも徐々に消えていきます。かさぶたになったり腫れたりしません。レーザー治療直後からお化粧ができ、洗顔やクレンジング、保湿等、治療をうけたその日からいつも通りのスキンケアができます。回数を重ねるごとに茶クマが取れていきます。レーザートーニングの詳細はこちらもご覧ください

ピコレーザーはかさぶたにしてとります。主にシミ取りに照射します。1週間程度黒いかさぶたがつくので、大事なご予定がない時に治療を受けることをおすすめします。ピコレーザーの詳細はこちらです。

飲み薬

トラネキサム酸・ビタミンC・ビタミンEを飲むとよいです。主にくすみ(肝斑)効果的です。ルーチェ東京美容クリニックにて直接処方致しております。

クリーム

トラネキサム酸配合、医薬部外品のクリームを取り扱っております。シミ・くすみ・そばかす・色素沈着にしっかりとした効果があります。

メラニン合成を抑えてお肌を美白にしてくれます。普段ご使用の基礎化粧品と是非一緒にご使用ください。1日2回、お肌に優しいクリームですので敏感肌の方にもご使用頂けます。

ルーチェ東京美容クリニックにて処方致しております。

どの治療が最適かはお肌の状態によります。お気軽にご相談くださいね。無料診断・無料カウンセリングはこちらです。